プロフィール

シェイス

Author:シェイス
名前 シェイス

飛天
職 メイン 刀客 Lv59 
踊り子 Lv48 
盗賊Lv40
真の一撃必殺を極めるために修行中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終章も終わりです・・・
残すはエピローグのみ・・・


TOEO外伝小説


~終章~



『さぁ・・・来るのだリースよ・・・』
「何を言ってるんですか・・・?」

リースが槍を構え対峙しているコピーネレイドの中心と思われるものから男の声が響く

『あくまでも拒否するのね・・・?』
「当然です!」
『そ・・・なら力ずくしかないわね・・・』

男性の声に変わり女性の声が響く

「あなたたちに協力するつもりなどありません!」

リースがそう叫ぶと槍を振るいコピーネレイドへと走る

「瞬迅槍!」

走った勢いで繰り出された神速の突きがコピーネレイドを貫いた

『ふ・・・まるで操り人形のように動く・・・』
「え・・・?なっ・・・槍が抜けない・・・!?」

リースが強引に槍を抜き放とうとするがまるでびくともしない

「リース!離れるんだ!」

リースの背後からシェイスの叫び声が聞こえる
シェイスの声を聞いてリースが手を放そうとしたがコピーネレイドから伸びた触手のようなものがリースを捕らえた

「リース!」

カインが叫びながら駆け寄るがリースを捕らえた触手はコピーネレイドの体内へとリースを取り込み始めた
カインが必死で手を伸ばす
カインがリースの手をつかむその瞬間にリースはコピーネレイドに取り込まれてしまった

「リースッッ!!」

カインがリースの名を叫び地面に倒れこむ

『ふ・・・これで我らの研究は完成する・・・』

リースを取り込んだコピーネレイドから男の声が響く

「貴様・・・リースを返せっ!」

シェイスがラストフェンサーを構え突進する

『無駄よ』
「ぐあっ!」
 
女性の声と共にシェイスは何かによって弾き飛ばされていた

「しぇーたん!」

グレイスが落ち着いたので駆けつけてきたガルデニアと李亜がリースを取り込んだコピーネレイドとシェイスの姿を見て声を上げる

「しぇーたんこれは!?」

李亜がシェイスに質問をする
声がどこか怯えているようだったが

「すまん・・・リースが取り込まれた・・・」
「なんだって・・・」

ガルデニアはそういってコピーネレイドの姿を再び見る
外見こそ変わってはいないが中身は変わっているようだった・・・

「貴様・・・リースを何のためにっ!」

立ち上がったカインが声を荒げて叫ぶ

『リースにはフィブリルがあった・・・それだけのことだ』
「フィブリル・・・?」
『簡単に言えば力ってことね・・・』
「なんだと・・・?」

その言葉を聴くとカインの声が震え始める

「力を得るためにリースを犠牲にするのか・・・?」
『研究に犠牲は付き物だ』
「ふざけるなよ・・・」

カインはわなわなと震えだす

「お前等は・・・」

シェイスも立ち上がると再び剣を構える

「人の命をもてあそぶものなど存在してはいけない・・・」

ガルデニアもメイスを構えなおすと口を開く

「リースは俺達の仲間だ・・・お前を倒し取り戻させてもらう!」
「そうだよ!」

李亜も杖を構える
カインが駆け出すと同時に残りの3人も走り出す

『だから・・・無駄だって言ってるでしょ・・・』

女性の声が響くと同時にカインたちははじかれる

「くっ・・・」
「近づけないなら!」

ガルデニアがそう叫ぶと距離を取る

「レイ!」

無数の光線が次々とコピーネレイドに直撃する

『その程度の晶術が通用すると思って・・・?』

ガルデニアのレイはまったく通用せずはじかれていた

『そこのお嬢ちゃんも無駄なことはやめたほうがいいわよ』
「そんなのやってみなきゃわかんないよ!」

李亜はそう叫びつつ杖を振るう

「エアスラスト!」

李亜の杖の先から風の刃が放たれる
風の刃はコピーネレイドを切り裂いたかのように見えた・・・が風の刃は反射されガルデニアと李亜に直撃する

「がる!李亜!」

シェイスが二人の元にかけよる

「ご、ごめんね・・・アッシュ・・・」
「きにすんな・・・が、ちょっときついな・・・」

シェイスは二人が致命傷を受けているのを確認するとライフボトルを取り出し二人に使用した後グミを口にくわえさせる
命は取り留めたが戦闘に参加するのは不可能に近い

「くそっ・・・カイン!少し任せる・・・オレは二人を安全な場所に連れて行く・・・っ」
「ああ・・・」

シェイスはそういってガルデニアと李亜を背負うとナーノがいると思われる場所に向かって走り出した

「リース・・・助け出して見せる・・・!命に代えても・・・」

カインはそうつぶやくと刀を構える
カインが刀を構えると同時に刀・・・鬼神が黄金に輝きだした

『こ、これは・・・』

男の声が響く

「いくぞっ!」

カインはそう叫びと走り出す

『無駄だといってるでしょう!』

女性の声と共にカインは吹き飛ばされ・・・なかった

『なっ!』
「はあああああああああ!」

カインの振るった刀がコピーネレイドに傷をつける

『ぐっ・・・貴様・・・』

男の声がしたと思った瞬間カインの周囲に光の槍が複数出現する

『光の裁きを受けよ!』
「この程度・・・弐の太刀 無形!」

カインは刀を斜め下に構え回転し光の槍を打ち消した

「貴様を切り裂き・・・リースを取り戻す!」

そういってカインは駆け出した

「参の太刀・・・雷光!」

一旦刀を鞘に収めると同時に瞬時に抜き放つと同時に再び刀を収める
カインが刀を鞘に収めると雷が走るかと思われる勢いでコピーネレイドの腕が吹き飛んだ

「まだ終わりだと思うな・・・」

カインはそう呟くと刀を再び抜刀し地面に滑らせながら自分自身のもつスピードで急速接近する

「四の太刀 斬月!」

間合いを零距離に詰めたと同時に刀を振り上げ連続で斬りつける

「これで終わりだ・・・五の太刀 逆風!」

カインが刀を構え集中すると周囲の風がカインを纏う
その風に押されたカインの神速の斬撃でコピーネレイドの顔が吹き飛んだ

『がっ・・・』

さすがのコピーネレイドも耐えられないのか苦痛の声が上がる

「次でリースを返してもらう・・・!」

カインがそういって刀を構えたときだった

『カ、カイン・・・』
「!?」

周囲によく聞き覚えのある・・・リースの声が響いた

『わかっただろう・・・リースは既に同化している・・・救出は不可能だ』
「なん・・・だと・・・」
『だからあきらめなさいな・・・』

男性の声と女性の声が交互に響く

「コピーネレイドを傷つけずに機能停止させることが出来れば・・・可能性はある・・・」

急に聞こえてきたシェイスの声に反応しカインは背後に振り返る

「シェイス・・・?」

カインがシェイスの名を呼ぶ
シェイスはラストフェンサーを構え走り出す

「虎牙連斬!」

切り上げから繰り出される連続の斬撃がコピーネレイドのもう片腕を吹きとばす
腕を切り捨てたシェイスの着地を狙い晶術を放つ

「くっ・・・」

シェイスを炎の玉が焼く

「お前等の好きにさせるわけには行かないんだ!」

シェイスは炎に焼かれながらラストフェンサーでコピーネレイドの足を薙ぎ払う

『・・・!しまった!』

シェイスは気を失ってしまったがバランスを失ったコピーネレイドは完全に倒れ移動することも出来なくなっていた

「シェイス・・・後は任せろ・・・」

カインが気を失ったシェイスをみてそう呟きコピーネレイドへと歩きよる

「リースを・・・返してもらう・・・」

カインが刀をコピーネレイドに付きたて中身を傷つけないように切り開こうとしたとき・・・

「ぐあっ!」

光の槍がカインを貫いていた
しかしカインは光の槍に貫かれながらもコピーネレイドを切り開く

「リ、リース・・・」

カインが震える体で見たものは・・・
何かのコアのようなものでリースの姿などどこにも存在してはいなかった

「ば、馬鹿な・・・」

カインの震える声があたりに響いたときだった

(カイン・・・聞こえていますか・・・?)
「!?」

カインの脳裏にリースの声が響く

「リース・・・リース!?」

カインがリースの名を叫ぶがあたりにリースの姿は見当たらない

(カイン・・・落ち着いて聞いてください・・・私は・・・既に私ではないのです・・・)
「な、何を・・・」
(私は・・・残念ながらネレイドに取り込まれてしまいました・・・そして、あの夫婦も・・・)
「・・・」

カインはだまってリースの言葉に耳を傾ける

(だから・・・あなたの手で・・・終わりにしてください・・・私の意識が持つ間に・・・)
「それしか・・・ないんだな・・・?」
(ええ・・・それしか・・・でないと私は私は私でなくなってしまう・・・)

カインはその言葉を聴くと刀を引き抜きコアに向けて振り上げた・・・

「リース・・・すまない・・・っ」

カインはそう呟くとコアめがけて刀を突き刺した
それと同時にあたりは光に包まれた


そして・・・


スポンサーサイト

<< TOEO外伝小説 エピローグ | ホーム | 彰さんとのリレー小説用 キャラクター関係 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。