プロフィール

シェイス

Author:シェイス
名前 シェイス

飛天
職 メイン 刀客 Lv59 
踊り子 Lv48 
盗賊Lv40
真の一撃必殺を極めるために修行中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャラクターの設定です

とりあえずわからないところがあったらコメント欄に書き込んでくだされ・・・


シェイス・ハーバルト(本名シェイス・フォン・フィルバート)

年齢17歳 性別 男
身長175cm
体重65kg
自分のことは俺で他人のことは大抵呼び捨て

今まで登場した小説のシェイスとはまったく異なる人物
世界最強といわれる軍事力を持つ帝国の第一王子・・・だった人物
王家のものには強い魔力とそれを行使できる力が伝わるはずだったが彼にはそのどちらも現れていなかった
そのために7歳の頃に王宮を追い出されそれ以降一人で生きてきた
本来普通の人ならば魔法を扱うことが出来るのだが彼の場合は出来ないため魔法を使えないということに対しコンプレックスを持っているが本人は魔法がなくても生きていけるということに絶対的な自信を持っている

通常のものなら忌み嫌って装備することのない鉄で作られた剣を持つ
かつて王宮から追い出されたときに流れ着いた村の鍛冶士とともに作ったものである
ちなみにシェイスを育てたのはその鍛冶師である

性格は比較的冷静だが自分の魔力を行使する力を持たないことについてけなされたり仲間のことをけなされたりするとキレる
意外と広い視野を持っており幅広く物事を見つめることも出来る
王家の出ということで世間知らずに思われがちだが意外とそこら辺の田舎者よりは詳しい

外見はTOEO時代のシェイスとほぼ同じで薄い紫の髪を持つ
マントを羽織り・・・むしろローブ的にまとってるかもしれないが
服装は比較的軽装で銀で作られたネックレスを常に身につけている
戦闘時もほとんど同じ格好で行っている

武器
鋼で作られた片刃の長剣と同じく鋼で作られた短剣
戦闘のスタイルは今までのシェイスと同じで基本長剣と短剣を使い分け本気の時には2本同時に扱う

好きなもの
味付けの濃い料理 そして珈琲派 別に紅茶が飲めないわけではない
比較的どんな料理でも食べる そして仲間のことを第一優先する

嫌いなもの
ねばねばした食べ物 どんなことがあっても食べないほど
そして仲間のことをけなす者

戦闘能力では剣技のみで生き抜いてきたため剣の腕は相当なもの
彰さんのキャラで言ったら彰よりも剣の腕は上かと思われる
しかし魔術関係の能力はからっきし皆無
体術もそこそこいける・・・はず

一人で生活をしてきたため家事能力はそこそこ
あまり得意なわけではないが

「貴様・・・ふざけるなよ・・・」
「オレはオレだ・・・デュナミスがあるかないかなんて関係ない!」

クレイ・アステミック

年齢16歳 性別女
身長170cm
体重58kg
自分のことは僕で他人は人によって対応が違う
初対面の人は大抵さん付けでヴィオラとカインは呼び捨て
シェイスだけはスーというあだ名で呼ぶ

彼女も今まで登場した人物とはまったく違う人物
辺境の田舎で生まれ比較的平和に育った
通常の人物と同じで魔力をもち魔法を行使することが出来る
しかし魔力を行使する技術はあまり得意ではない
ひょんなことからシェイスと知り合い一緒に旅立つこととなる

性格は明るく温和で困っている人物を放っておけない性格
何かに集中すると周りが見えなくなることもしばしば
だが周囲の人物に気を使うことの出来るやさしい性格でもある
少々抜けているところもある
一応常識人

外見は赤い髪のショートヘア
服装は比較的露出の少なく動きやすい服を好んで着る
戦闘時も同じ装備のまま
音のツールである腕輪を右手に着用している

武器
火と石のツールである両刃の大剣
無論石製
火の力を込めているため斬撃能力はそこら辺の剣をはるかに凌駕する

好きなもの
比較的どんなものでも食べる 紅茶、珈琲どちらも好むが意外と緑茶が好み
さらにいうなればおばけなどといったオカルトの類が好きだったりする

嫌いなもの
嫌いな食べ物はない むしろ嫌いだから食べられないという人に食べさせようとする


戦闘はあまり得意ではないが自分の身を護りつつ基本的に戦うことは出来る
ツールを使った魔法援護や大剣の威力を生かした斬りこみなど万能的にこなせるが基本前衛向き
火のフォースと音のフォースを得意とするがほかのフォースが扱えないわけではない

家事は一通りこなせるがシェイス同様あまり得意ではない
何気に胸が小さいことにコンプレックスを抱いている

台詞
「よし・・・僕に任せて!」
「これからどうするの・・・?お金もないんだけど・・・」

こんな感じかな・・・
ほかに後2人いるのですが今日は時間がないのでここまで・・・
キャラクター同士の関係もまた後で書きます
スポンサーサイト

<< TOEO外伝小説 終章 中編 | ホーム | 彰さんとのリレー小説用の設定 世界観編 >>

コメント

…あの不破彰、剣の腕は伝説級の化け物なんだけど…
一応アレは戦闘の為だけに生まれてきたような存在なんで…
父親は七夜彰だし…母親も相当強い人ですからね…(設定上元ネタが18歳未満お断りなんで公開できないのですが…)

ほむほむ・・・
なるほど・・・基準がよくわからなかったからぶっちゃけ適当だったからなぁ・・・
どのくらいだろ・・・剣技だけならこちらの世界で1,2を争えるぐらい・・・かな・・・
実力の設定はそちらに大方任せますよw

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。