プロフィール

シェイス

Author:シェイス
名前 シェイス

飛天
職 メイン 刀客 Lv59 
踊り子 Lv48 
盗賊Lv40
真の一撃必殺を極めるために修行中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相当時間が空いたけど・・・
暇を見つけて徐々にゆっくり手間をかけず書いた第三章ですw

正直言うとかなり微妙でかなり微妙なところで終わってます・・・
まだまだ精進せねば・・・

コメントの返事w

剥さん>見つかったーw
まぁ更新ゆっくりだけどちょくちょく見にきてねw
テイルズオブエターニアオンライン外伝小説

~第三章~



リースがギルド『彩』に入って早1ヶ月の月日が経ったある日のこと・・・

「ふ~・・・今日も一日繁盛させるぞ~!」

朝っぱらから大声で叫んでいるのはギルド『彩』のマスターコロコロ

「叫ぶのはいいからさっさとここの掃除手伝ってよ・・・」

ほうきで玄関を掃きながら文句をたれてるのがシェイス

「あ、あの・・・私が手伝いましょうか・・・?」
「あ、大丈夫今からマスターにやらせるから」

そして、シェイスを手伝おうとしているのがリース
いつも、シェイスが無理矢理コロコロに箒を押し付けて行くのがいつもどおりのことである

「おはよ~・・・zzzz」

そうやり取りしてる横に寝ぼけ眼でやってくるナーノ

「ほんと皆早起きだねぇ~・・・まだ6時なのに・・・」
「あの・・・今は9時ですよ・・・?」
「ほえ・・・?あーー!!時計さかさまに見てた~!?」(デジタルらしい)
「「・・・・・・・・」」

シェイスとコロコロは慣れているせいか黙々と掃除をしているがリースは苦笑いをしている
そしてナーノはいつもどうり落ち込んで店内の整理をしに店内へと入っていく

「あとは、ガルとディスさんか・・・二人ともやけに遅いな・・・」
「しぇ~たん呼んだ~?」
「へ・・・?どこだ・・・?」

シェイスの呟きがどう聞こえたのかわからないが店内からガルデニアの声がどこからか聞こえてきたのでシェイスは辺りを見回すがガルデニアは見当たらない

「あいつどこに・・・?」
「あ、あの・・・ガルデニアさんなら朝5時ぐらいから来てもう準備してますが・・・」
「ぇ・・・」

どうやらリースは物事をよく見ているらしい
シェイスはリースにそういわれ頭を掻きながら箒とちりとりをさりげなく全部コロコロに押し付けてリースを連れて店内へと駆け込んで行った
残されたコロコロは「俺マスターだよなぁ・・・」と何でもつぶやきながら開店時間までずっと掃除をしていたとか何とか
少し遅れてやってきたディス117はつぶやきながら掃除をするマスターを半ば哀れみの目で見ながら店内に入っていった

開店時間・・・そして最も繁盛するミンツ学生の昼食時間・・・
珍しく今日はギルドメンバー全員が集まり接客をしていた
なぜなら本日はマスターコロコロによる全品半額という無茶なことほ1日限定でやっていたため恐ろしい数の客が店内に溢れているため本来休みのはずのメンバーも急遽集めたのである
まともに接客できるメンバー事態あまり居ないのだが・・・

「ガル~オリエンタルライスとうまティー1つづつ~」
「ガル君、ふわふわケーキ2つ~」
「ガルデニアさんフルーツジュースと今日のお勧めを」
「あそこで座ってるお嬢さんに俺のおごりでケーキを」
「・・・・・・・・・(ただならぬ殺気を)」
「やっぱやめておくわ・・・(恐怖を感じ取った)」

ちなみに上からシェイス、ナーノ、リース、ナンパ師カルミ、セス、再びカルミである

「ナンパ師ってなんじゃ!」
「何叫んでるんですか?」
「気にしないでくれセス・・・」

1人で料理を作っているガルデニアはあまりの忙しさで口をひらく暇すらなかったりしている・・・

「いや~皆頑張るねぇ・・・」
「アンタは何もしないんだねぇ・・・」
「だってマスターだから・・・って・・・ちょ・・・ディエテ様!?・・おたすけ・・・ぎゃぁーーーー!」

どうもこの二人がまともに接客する日は来ないだろう・・・
裏で料理したりサボったり・・・しかしこれ以上に大変なのはウェイトレス&ウェイター組みである
何故ならばどこの世界にも変人は居てウェイトレス目当てでやってくるお客もいる
たとえば・・・

「ナーノちゃん今日も可愛いねぇ~あとでデートでも行かない?」
「あ、あの・・・わたし今仕事中なんで・・・」
「仕事終わったらだよ~いいじゃないかぁ~」
「はいは~いナーノは今日は残業があるからね~」
「あ、しぇ~たん・・・」
「なんだとてめぇ!しぇ~たんなんて変なあだ名のくせにでしゃばるな!」
「オレはシェイスだ!」

そしてお客をぼこぼこと・・・
無論そのお客が来ることはしばらくありません
その他にもキオキオがナンパされたりイオノがナンパされたり・・・それを止めるのが唯一のウェイターであるシェイスなのだが・・・
一番疲れるのが特に李亜である

「ご注文は何になさいますか?」
「じゃあうまティーとケーキで」
「はーい李亜特性闇なべですねー」
「ちょっと待て!李亜!今のはおかしいぞ!」
「じゃあ変わりにリオンがやってねー」
「え・・・ちょっと・・・待て!李亜~~~」

前言撤回一番疲れるのはどうやらシェイスのようだ
そんなこんなで大変な1日も終わり閉店となり店内には後片付けのため約半分の店員のみ残っていた
残ってるのはリース、コロコロ、シェイス、ガルデニア、李亜、ナーノの6人である

「いやー今日は繁盛したよー」

1人席に座りながらお金を数えるコロコロ
その姿を見てムッとして顔でシェイスが

「全然働かなかったくせに・・・」

と、呟きながらもくもくとモップがけをしているシェイスを横にガルデニアは本を読み始め李亜はなにやらナーノと話し出している
その状況を見て深いため息をついて落ち込んでいるようで半ば怒りに燃えているシェイスであった
このいつもと変わらない毎日だがリースはどこかいつもと違う部分を感じた
リースだけではなくその場にいた全員がそう感じていた・・・・・・



開くはずの無い店の扉が開いたのである
喫茶店はすでに閉店し残りのメンバーが戻ってくることはありえない
ドアが開き入ってきたのは黒いローブを纏った人物だった

「すいません~現在すでに閉店で・・・」

ナーノがいつもと変わらない雰囲気でその人物に話しかけると
その人物は辺りにいるメンバーを見回してから

「問題ない・・・簡単な注文だすぐに終わる」

かなり低めの声のためその人物が男であることがわかる
そう言われナーノがあたふたしている横から李亜が

「ごるぁーうちはもう閉店なんだよー注文なら明日にしやがれー」
「ちょっと李亜・・・」

李亜が喫茶店の店員とは思えないようなせりふで追い払おうとしコロコロがあわててそれを制する
だが男は李亜の言葉に耳を貸すそぶりはまったく見せずそして帰るそぶりも見せなかった
それに見かねたのかリースがその男に対し

「私が出来ることなら私がしますけれど・・・」

リースがそう言ってローブを着た男に近づくと男は

「そうか・・・ならば貴女の命をいただこう!」

ローブを纏った男が急にローブを脱ぎ捨てリースに向け小型のナイフをリースの胸に向けて投げつけた
ナイフはそのままリースの胸に当たる・・・直前で空中でシェイスが持っているモップではじき落とした
そしてシェイスはそのままモップを投げ捨てると腰のダオ・ブレードを引き抜きそれに呼応するようにリース以外は武器を構える

「リース!下がれ!」
「は、はい!」

シェイスがそう叫ぶとリースは店内の端の方に逃げる
そしてシェイスがローブを脱ぎ捨てた男(ローブをぬいでもその男は黒ずくめだったが)に向かって突きを繰り出す
しかしその突きは男の持つダガーにより止められる

「甘いな・・・」
「それはそっちだ!・・・雷神剣!!」

シェイスの剣に落雷が発生し男の服を焦がす

「貴様・・・」
「こっちにもいるよ!散沙雨!」

男の真横からナーノがレイピアを構え連続で突きを放つ
男は突きを捌ききれずに体制を崩してしまう
男が体制を崩した隙にナーノの横からコロコロが走り男との距離をほとんど零に詰めると

「双撞掌底破!!」

コロコロがとてつもなく強力な掌底で男を吹き飛ばし壁に叩き付ける
だが男は何事もなかったのようかに立ち上がる

「な・・・マスターのあれは相当な威力なのにまだ立ってるなんて・・・」

ガルデニアがそういうとコロコロは自分の手を見ながら

「あいつ・・・攻撃の瞬間に自分で飛んで衝撃を和らげたのか・・・」

コロコロがそういうと無言のまま男はダガーを構えると
李亜にむかって走り出す

「え・・・」

李亜がそう呟いた瞬間李亜は首元に背後からナイフを突きつけられていた

「李亜さん!」
「この子供の命が惜しければリース・・・貴女に死んでもらおう・・・」
「そんな・・・」

リースが李亜の名を叫び男からそういう要求が来てリースが戸惑っていたときだった

「レイ!」

男の不意をつきガルデニアが晶霊術を放つ
男の上空に発生した光球はいくつのも光線を放ちながらしかし李亜に当たらないように外しながら男のみを狙っている

「・・・貴様ら!あくまでも邪魔をするか・・・ならば容赦はせん!」

男がそう言い放った瞬間だったナーノの胸の辺りから血が飛び散った・・・・・・・
スポンサーサイト

<< ネタ・・・かどうかもわからないけど | ホーム | バトン続き~ >>

コメント

あれれ?オレが読んでるのは『完全他殺マニュアル』じゃないの~(・∀・)?

遅くなり申し訳ないです

スイマセン!遅ればせながら初コメントです!

小説読ませていただきました!
面白いですね~
うまティーとか本当にTOEOにあったらいいのにw

あともしよろしければ、こちらもリンクさせてもらっていいですか?

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


テイルズオブエターニアオンラインについて

テイルズオブエターニアオンライン『テイルズ オブ エターニア オンライン 』(Tales of Eternia ONLINE)(略称:TOEO)は、『テイルズオブエターニア』と同じ世界観をもつMicrosoft Windows|Windowsパーソナルコンピュータ|PC用多人数同時参加型オンラインR

オンラインRPGファン 2007/03/21 20:13

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。